水口&ミズネイラのラーメン対談
2010年1月7日 渋谷 喜楽

>> まえがき 1 2 3 4 5 6
←戻る←

この後、話題はラーメンからカレーへと移ったが、自然と再びラーメンの話題へ。さすがである。


(写真)スープを飲み干す水口さん

ヒロヒサ 「こないだ渋谷の大勝軒行きましたよ、寺中さんの誕生日祝いに。」

水口 「行った?おいしいよ、あそこ。すごいしっかりしてるよ、あそこ。」

ヒロヒサ 「でもなんかあれ、麺のゆで汁みたいな溜まってんの入れてスープ飲めとか書いてあって。」

水口 「書いてあるね。」

ヒロヒサ 「でもスープ割り欲しいなと思って(笑)」

水口 「いや、スープ割りあるんだよ、あそこ。」

ヒロヒサ 「え、あんの?」

水口 「あそこには、うちはスープ割りやりませんとか書いてあるくせに、カウンターの上に置いてあるよ、スープ割り。」

寺中 「そうなんだ。」

水口 「そうだよ。すげー矛盾してんだよ、あのお店。」

ヒロヒサ 「ですよね。すげー高圧的な文章で書いてあったのに。」

水口 「そうそう。うちはスープ割りやんないんだよねとか書いてあるじゃん?全然おいてあるよ、普通に。びっく、びっくりしたもん俺。」

一同 「(笑)」

水口 「読んでて、えーっとか思って。軸ぶれてんじゃーんって。」

一同 「(笑)」

水口 「ちょっと、みたいな。俺もあの文章読んで感動したわけ。要は、冷めてからね、また新しい味が出てきてね、冷めるのが嫌だからとかいうのは違うんだよって。で、冷めてからが本当の味がするんだよって。山口さん最高って思って。それで、スープの件があって、うちはスープ割りやらないんだよねって書いてあった途端に、横にいるお客さんが『すみませーん、スープ割りありますか?』つったら、『あ。そこに置いてあります!』なんつって。」

一同 「(爆笑)」

水口 「おーいこれは裏切りだろうとか思って。びっくりしたよあれは。まぁでもそれくらいでいいけどね。そんくらいやっぱ、ニーズにはちゃんと応えなきゃ駄目だよね。でもあそこできるとやすべえの客が減るよね、明らかにね。」

ミズネイラ 「そうですよね。」

水口 「あの先にっていう家系の店ができてね。そこがすげーうまいんだよね。下北渋谷の間くらいに1軒あんだけど、本店が。すごいよく行ってた店で。」

ヒロヒサ 「おいしいですか?」

水口 「すっげーうまい。めちゃくちゃうまいよ、侍。」

ヒロヒサ 「渋谷警察署から恵比寿行くまでってラーメン屋多いですよね。」

水口 「まぁ大した店無いけどね。渋三ラーメン(注:渋谷三丁目ラーメン)とか、作る人によって全然味違うし。山頭火も最近日和って、すぐしまっちゃうし。もう、ロクな店ない。あと、佐とうって店が右手にあるんだけど、大勝軒もうちょい先行ったとこ。そこもしょっぱすぎて、もう死ぬんじゃねぇかと思った。」

一同 「死ぬ(爆笑)」

水口 「そうそうそう。肝臓がなんかやられるんじゃないかって。佐とうはよくないね。」

ヒロヒサ 「やすべえはうまいですよね。」

水口 「やすべえは普通においしいと思う。ただ、渋谷店の店長なのかな?なんかおじさんがどうしようもないおじさんで、適当すぎて。あ、もやしが…。」

さて、今回のラーメン対談企画、最後まで読んで下さった皆さんは何を感じただろうか?「どうでもいいわ!」という声が聞こえてくるようだが、実は無性にラーメンが食べたくなってきたというのが本音ではないだろうか。
筆者は常々、バンドとラーメン屋は似ていると思っている。数多の店がありながら、それぞれが個性を持って、その味を追求していく。もちろん、客に見放されれば自然と淘汰されていく。ひらくドアのニューアルバム『He Luck Door』が皆様のお口に合うことを願って…。
それでは、ラーメン食べたくなってきたので失礼。

(ヒロヒサカトー)


(写真)とても満足そうなミズネイラと水口さん

>> まえがき 1 2 3 4 5 6

◆ひらくドア出演Beat Happening!

▼1月13日(水) 渋谷Lush  →アルバム"He Luck Door"発売日!!
・共演  where is my mind? / The Valentine shop / 日の毬 / o'valencia!
・チケット  前売り2000円 / 当日2300円(+1ドリンク)
・開場 / 開演  18:15 / 18:45

▼2月19日(金) 下北沢BASEMENT BAR
・共演  THEラブ人間 / 優しくして♪ / 壊れかけのテープレコーダーズ / 古宮夏希&コークスが燃えている!
・チケット  前売り2000円 / 当日2300円(+1ドリンク)
・開場 / 開演  18:30 / 19:00

*ビートハプニングは高校生以下500円びき。学生証を忘れずに。
Beat Happening!ホームページ

◆アルバムについて

▼He Luck Door

ついにひらくドアのCDが全国発売!

wild gun crazyコンピ収録の『夏子との生活』、シングル『君の銀色のギター』などのアルバム未収録曲と、ライブでおなじみ『夏ってなんかいい』の待望の現メンバー録音バージョンなどなどの新しい音源を加えた「ベスト+α」的な内容のニューアルバム『He Luck Door』が、ULTRA-VYBEより全国発売。
発売時点(1月)での2010年ベストアルバム間違いなし!!

■収録曲

  • 夏子との生活
  • LoveLoveLoveLove
  • 君の銀色のギター
  • 夏ってなんかいい (新バージョン)
  • 思いで迷子
  • 雨のプール (ボーカルとりなおしてリマスター)
  • 窓の外
  • 雨の日の帰り道

●2009年1月13日発売予定 / 1000円
●全国の特に大型レコード店で販売予定
発売元:ULTRA-VYBE

とくてん!ロゴ

特典CD-R「とくてん!」
・ディスクユニオン全店
(ネット通販含む)
・タワーレコード渋谷店、新宿店
・ライブ会場
で買うとついてきます!

1. 井筒レコードのテーマ
 (とくてん!バージョン)
2. I Think About You!
3. I Wanna Say  (デモ)
4. (タイトルバック)
5. 夏は君も (デモ)
6. My Love Is Not Forever



Copyright© He Luck Door All rights reserved.