布袋さんと原発と日本の若者

ダウンロード

今日もまた渋谷駅で降りて
ハチ公のいる広場に出て
スクランブル交差点で信号は赤
立ち止まる僕にふりかかる演説の声は
ちょっと前までは右翼の人の話だったけど
最近聞こえてくるのは原発の都民投票の演説の声だ!

僕は急いでいる
遅刻しそうだ
イヤホンを耳に押し込んで歩き始める
関心がないわけじゃないけれど

(※歌には関係ないけど後で署名しました)

何でも持ちすぎさ僕ら
世界中から吸い取って
この日本には全部あるから
なんかへらへら生きていられる

死にたいとか死ねとか簡単に言う奴が多い
だけどこの国では寿命が来ないと滅多に死ねないよ
生きたくても生きられない人がいた時代の人たちが
そういう風に決めたから

僕もきっと例えば室町時代に生まれていたら
とっくのとうに病気で死んでいただろう
無理やり生かしてもらってできることは何?
毎日笑って生きることさ

何でも持ちすぎさ僕ら
全部自分のものにして
だけどすぐに捨ててしまおう
小さな愛だけ君にあげるよ

昨日読んだ布袋寅泰さんのブログが忘れられない
50歳になって今までを振り返って
ここまで来たよ そして今日からも駆け抜ける
そんな内容のブログだったけど本当に感動的で
絶対みんなにも読んでほしいと思った
僕もロックスターになるためにもっと努力しよう
布袋寅泰さんの「とも」の字は「とら」っていう字なんだってさ
なんだか楽しくなってきた

何でも持ちすぎさ僕ら
全部自分のものにして
だけど僕が思っていたいのは
僕らへらへら生きていちゃだめだ

運命 生きる意味 レール
そんなの最初からあるわけないだろ
全部自分で決めて生きなよ
どっちにしたって死ねないんだから

Copyright© He Luck Door All rights reserved.