曲が多すぎるから、題名で勘で選ぶしかないね。あと知ってる曲のデモ聴いてみるとかね
「右クリック→対象をファイルに保存」すると保存できます

みんな頑張って

2011年
休み明けの季節 (詞) 休み明けのウズウズのこと
17歳の青い海 (詞) 他人は理解できないということ

2010年
化石の街 (詞)  化石を使ったものを使う特定のこと
2010 (詞) 限界までギスギスしていた2010年日本のこと
スローモーション (詞) スローモーションで再生したいほど美しい時間のこと
七夕のお祭り (詞) 好きな女の子とお祭りに行くドキドキ感や、不安に思う気持ち
ゲシュタルト・フォール (詞) 大人になること
夕暮れティータイム (詞) 片思いのような両思いのような恋愛中の放課後のこと

2009年
サンデー (詞) 気ままな暮らしのこと
木枯らしとマスク (詞) 常に感じている疎外感のこと
雨の日の帰り道(バンドアレンジ) (詞) バンドアレンジ、たいして変わってないじゃん
I'm So Crazy About You And I've No Question For You 特に意味はない
夏子との生活アレンジ キーボードのアレンジの説明用
My Love Is Not Forever (詞) この先どうなるかわからないからこそいいものだ
小悪魔ガール'09 (詞) 萌えアニメの主題歌を頼まれたときに備えて
オートマチック (詞) 過去存在した人に引きずられて生きること
雨の日の帰り道 (詞) 他人につい憧れてしまうこと、日々の疲れのこと
都会の手袋 (詞) 失くしてしまうということ
夏は君も(仮) (詞) 過去を美化してしまうこと
君に会いたいな (詞) 忘れられていくこと
Hey Girl (詞) みんなもっとライブで自由に楽しんでほしいなあということ
生きる気力 (詞) 生きる気力がなくなることが多いこと
I Wanna Say (詞) 恋愛争奪戦のこと
I Think About You! (詞) いつだって君を忘れることはないよ
屋上 (詞) いちご100%の東城に共感して
I Do Nothing (詞) 基本的に憂鬱だったこの頃
赤いかきごおり (詞) この曲はデモも好きだな
すな遊び (詞)ほんとはもっとかっこいい曲 いつかは良い形で。

2008年9月〜
おじいさんおばあさん発言 (詞) うじうじしてるけどちょっとコミカルな歌
Mimi Electric (詞) 夢と恋愛の両立ができるほど器用じゃない男のこと
ミミのくだらない話 (詞) ↑の元曲 こっちもいいけどね
How low? Christmas (詞) クリスマスやバレンタインがちょっと嫌いだ
君の銀色のギター (詞) これが自分の転換点だったと思う。色々あってね
You And Me (in Too Much Noise) (詞) シューゲイザーでしかない これも完璧な音でやりたス
You And Me (詞)微妙なミックス違い
未来都市の列車で・再録 未来都市でデートする夢を見た
窓の外 (詞) 夜中に遊ぶこと、自己肯定

2007年10月〜
脳内デート (詞) ストーキングしたいくらいの未練について
みっちゃん〜旅人の街 (詞) 大事な物や人について 3年半かかってCD化
幸せのアイスクリーム ただただ享楽的
SMALL MUSIC FOR THE SLEEPING TIME / 寝たり起きたり (詞) 生活リズムが世の中と合わなくて自暴自棄
海とガールフレンド (詞) ぱすてるという漫画を読んで
なんでも持ちすぎさ (詞) 憧れについて
バースデイ (詞) 元彼女の誕生日どうしてる?
池袋の女子高生 (詞) 特に意味なし
グレープフルーツ (詞) これも大事な物や人について
Beautiful Song (詞) mixiが流行って、憂鬱な日記が散見された。それを見たときの気持ち
さよならKY (詞) KYという言葉が流行った。空気を読むという概念は大事だけど、大嫌いだ
ピンク色の部屋 (詞) ピンク色の部屋のこと
夏子との生活 (詞) 20歳前後のムードのこと
思いで迷子・再録 (詞) 村山さんたちが作ってた映画のイメージソングとして勝手に録音
ナンセンス (詞) 全く無意味な詩・曲 しかし夏子との生活の元に
思いで迷子 (詞) 新木場の配送現場でバイトしてたときにサビが思いついた。自転車とかがどんどん回ってきて、自分ひとりでは処理できなかった
アーリーナインティース (詞) 色々迷いがあった

2007年3月〜
お天気雨街 (歌詞) なんだか悲しいことに気づいてしまった時のこと
I LOVE MOTHER 2 マザー2が好きだということ
LOVELOVELOVELOVE (歌詞) とにかく恋して舞い上がっている時のこと そんな曲は人生でこれだけ
When You Leave Me (歌詞) あ、これもか
桜の季節 (歌詞) 高校卒業を目前にして寂しい気もちになって書いた 録音は大学出るときだけど
ばいばいマリー (歌詞) 自分が何を考えているのかわからなくてパニックだった
WELCOME SONY (歌詞) そにいというメンバーが入ってきたときのSE
お天気雨の女 (歌詞) お天気雨街原曲
夜、頭の中で君が ばいばいマリー原曲
I SEE OTHER SIDE 17歳の青い海原曲 こっちのがいいかな?
You Don't Know What You Say (歌詞) 特に意味なし
未来都市の列車で (詞) 上記参照

2007年はじめ、レコーディング練習
海で拾ったネックレス (歌詞) わざわざ一人でスタジオに入って新曲を録音
TODAY TOMORROW (歌詞) 我ながら練習熱心だったよ

2005-2006 大学後半 ひらくドア始まる
キルミー (歌詞) バイト帰りに歩いていて とても不安定な気持ちだった
くるってまわって (歌詞) 中学のときから構想していた曲だけど、没
She Loved Meの英語のデモ ソフトロックみたいなことをしたかった
クリーニング シンセで遊びたかった
クリーニング改 (歌詞)
自殺の水族館 幸せすぎて ここで人生が終わってしまったらいいのにと思うくらい
自殺の水族館ロング (歌詞)

2003-2004 大学前半
マーダー 暴力的な気持ちのこと
ピロピロ ギターで遊ぶ
I'm going to something to you (歌詞) 悲しい別れのこと
桜 on the orientation 4月の桜、新学期のこと
(歌詞) 渋谷で一人でセンチメンタルになること
僕はくも (歌詞) 特に意味なし
いこうよ 元彼女が書いた歌詞
ガールフレンド 出だしはシュガーベイブのダウンタウンと、サビはScooboe Doの君とオレだけだと一緒じゃねーか ダメだダメだ

2000-2003年 中学高校
鬱DEATH (歌詞) 鬱とか言うのがトレンドだった ダメだダメだ
練習 MIDI打ち込みの練習
おはよう (歌詞) 夏休み前の失恋は
鳥賭博 (歌詞) スーパーカーのDRIVEを発展させたら全然違う曲に