電車の窓から見る景色は日常
だけど日常が少しずつ未来になっていて
気付いたら
よく見たら
電車の窓から見る景色は未来だったりして
となりにすわる可愛い君に
もう景色はすっかり未来だねって話しかけた
というような夢を見ていました

Copyright (C) 2007 TAKAYUKI KATO All Rights Reserved.