君の部屋に初めて入ったとき、君は生理中だった。
だけど君は理想的な彼女だった。
ピンク色の部屋で

自転車 上り坂で僕の汗を流してる
そよ風 君のアパートの窓のシャツゆらす
大きな魚のような知らない生き物が
電柱の上にねっころがって僕の方を見てる

目のまわり真っ黒にぬって
あの子は池袋を飛び出した
大きな魚は見てるよ
あの海まで行く電車に飛び乗った

She is yurayura

Copyright (C) 2008 TAKAYUKI KATO All Rights Reserved.