君の鼻の形忘れないよ
もっと近くで見せてくれたのなら
僕はもう君に会わなくてもいい
残像の中で生きる

僕のギターの色覚えてるかい?
銀色のラメ入り
君の腕の中で蛍光灯に照らされて
僕の目の中で泳ぐ

真夏の午後の真昼
君は改札の前で少し怒って
初めての待ち合わせに遅れてきた僕を迎える
僕が申し訳ない気持ちで君の顔を見たら
君は首筋に汗をかいていた

八月は君と何をしよう
浴衣の君を想像して
夜の空気を思い出して
君の首筋から目をそらす

八月の僕は何をしよう
残像の君は消えかけて
浴衣の柄がわからなくて
残像の君は消えかけて

Copyright (C) 2008 TAKAYUKI KATO All Rights Reserved.