自由を求めて都会へ行ったお母さん
探し物は見つかったかな
いつでも急いで片付ける部屋の中に
何も残さないで出かけるんだね

自由を探して僕もいろんな
音楽や映画や友達それから女の子も
知ろうとした

これはきっと幻
これはきっと幻
都会の人たちの思い出が
僕をだます

誰かが落とした手袋が
かたっぽだけほつれながら泣いてる

これはきっと僕のせい
これはきっと僕のせい
自由って何もないことなの

誰かが落とした手袋は
今日はもうなくなっている

Copyright (C) 2009 TAKAYUKI KATO All Rights Reserved.